記載例:オールインワン化粧品をランキング形式で紹介

 

◆大見出し:オールインワン化粧品とは?特徴は?
オールインワン化粧品とは、1つでさまざまな役割を果たすスキンケア用品のこと。

たとえば、化粧水・乳液・美容液・クリーム・パック・UVカット・化粧下地といった、複数の機能をあわせ持つのです。

ここからは、そんなオールインワン化粧品の特徴やおすすめ商品をご紹介します。

解説「どんな機能があるかは商品によって異なるため、購入時に必ずチェックしましょう!」

 

◆大見出し:市販のオールインワン化粧品の選び方
オールインワン化粧品には数多くの商品があるため、どれを選べばいいか迷ってしまう人もいるのでは?

そこでまずは、市販のオールインワン化粧品の選び方をご紹介します。

オールインワン化粧品選びでは、価格・機能・配合成分(得られる効果)・使い勝手などを考慮する必要があるのです。

解説「自分が優先するのは何か考えながら、選び方を確認してみてくださいね」

◇見出し:価格で選ぶ
オールインワン化粧品は、価格幅が広いです。

そのため、予算に合わせて選ぶのも1つの方法になります。

値段によって効果や使用感も変わるため、スペシャルケアには高めの商品、いつものケアにはプチプラと使い分けるのもおすすめです。

同じものを使い続ける場合は、無理なく購入できる商品を選ぶといいでしょう。

◇見出し:高機能なら「リッチ」なオールインワン化粧品
高機能の商品を求めるなら、リッチなオールインワンがおすすめ。

値段が高いぶん、美容エキスの量が多かったり、得られる効果の高さにも期待できます。

高価といっても1万円以内のオールインワン化粧品が多いです。

そのため、スキンケア用品を一式揃える費用と比べたら、購入しやすいのではないでしょうか。

◇見出し:たっぷり使える「プチプラ」なオールインワン化粧品
たっぷり使うなら、プチプラなオールインワン化粧品がおすすめです。

値段が安くても高品質のオールインワン化粧品はたくさんあります。

また、プチプラならお試しにもちょうどいいですし、ドラッグストアなどで手軽に購入できる点もポイントです。

◇見出し:「内容量」で選ぶ
オールインワン化粧品は内容量にも違いがあります。

約1ヶ月分の量が一般的ですが、中には大容量の商品もあります。

ちなみに、ジェルやゲルタイプのオールインワン化粧品は、内容量が多い傾向にあります。

よりお得に購入したい人には、大容量の詰め替えがある商品もおすすめです。

◇見出し:「使用感」や「テクスチャー」で選ぶ
オールインワン化粧品は基本的に毎日使うものなので、使用感やテクスチャーで選ぶのもアリです。

大きく分けると、さっぱりした使用感かしっとりした使用感の2つになります。

ここは自分の肌質や好みに合わせて選んでみてください。

軽い質感を求めるなら、水のようにサラッとしたテクスチャーの商品や水分の多いジェル・ゲルタイプの商品がおすすめです。

しっとり・もっちりした質感が好きなら、高保湿成分が入った商品や油分が多いクリーム・ミルクタイプの商品を選ぶのがおすすめ。

◇見出し:お肌の悩みに合わせて選ぶ
オールインワン化粧品には、特定の肌悩みをケアできる商品もたくさんあります。

したがって、自分のお肌の悩みに合わせてオールインワン化粧品を選ぶのもおすすめです。

以下にそれぞれの肌悩みにおすすめのタイプをまとめたので、ぜひチェックしてみてください。

◇小見出し:乾燥肌には「高保湿タイプ」
乾燥肌には高保湿タイプのオールインワン化粧品が向いています。

たとえば、セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲン・ローヤルゼリーエキスといった保湿成分が多く配合された商品を選ぶといいでしょう。

肌に水分を与えるだけでなく、長い時間お肌のうるおいをキープできるのもが好ましいです。

◇小見出し:敏感肌には「低刺激タイプ」
敏感肌には、肌への負担が少ない低刺激タイプのオールインワン化粧品がぴったりです。

肌のバリア機能が低下している敏感肌には、普通のオールインワン化粧品に入っている成分が刺激になる恐れもあります。

一方、低刺激タイプやオーガニック商品なら、使用後に肌がピリピリしたり、肌荒れを起こすリスクも低いです。

◇小見出し:シミやそばかすに「美白タイプ」
シミやそばかす、肌のくすみが悩みなら、美白タイプのオールインワン化粧品がおすすめです。

たとえば、トラネキサム酸・アルブチン・ビタミンC誘導体・プラセンタエキスなどが入った商品を選ぶといいでしょう。

美白タイプは、メラニンの生成を抑制しつつ、肌のターンオーバーを正常化することで、シミ・そばかす・くすみを予防してくれるのです。

おすすめの美白タイプのオールインワン化粧品には、「シズカゲル」や「シミウス」があります。

シズカゲルはシミ対策に有効なアルブチンが配合された商品で、シミウスは臨床試験でシミへの効果が検証された商品です。

シズカゲルやシミウスについては後ほど詳しくご紹介するので、そちらもぜひチェックしてみてくださいね。

◇小見出し:30代40代からは「エイジングタイプ」
シワやたるみなどが気になり出してくる30代40代からは、エイジングタイプのオールインワン化粧品がおすすめ。

エイジングタイプには、老化を予防し若々しさを維持する、抗酸化作用がある美容成分が配合されています。

たとえば、コエンザイムQ10・アスタキサンチン・レチノール・ペプチドといった成分は肌にハリやツヤを与えてくれるのです。

ちなみに、エイジングケアは20代から始めてもOKですよ。

 

◆大見出し:オールインワン化粧品の人気おすすめランキング[口コミで評判]
ここまでオールインワン化粧品の選び方を解説してきましたが、どんな商品が人気なのか気になっている人も多いのでは?

そこで、おすすめオールインワン化粧品をランキング形式でご紹介します。

各商品の価格・特徴・成分などをまとめたので、オールインワン化粧品選びの参考にしてみてくださいね。

解説「口コミで評判の良いアイテムを厳選したので、気になる商品が見つかるはず♪」

◇見出し:1位:DUO ザ クレンジングバーム
「31種類の美容成分が肌に透明感やハリツヤを与えてくれる」

DUO ザ クレンジングバームとは、31種類の保湿成分が入ったオールインワンクレンジングです。

機能は、クレンジング・洗顔・角質ケア・マッサージケア・トリートメントの5つ。

バーム状のテクスチャーは、手のひらで伸ばすときの圧により、とろけるクリームに変化します。

高い洗浄力でメイクや毛穴汚れをキレイに落としつつ、31種類の美容成分が肌をしっかり保湿してくれますよ。

配合成分には、肌に優しい原料が使われているのもポイントです。

さらに、石油系合成界面活性剤・鉱物油・合成香料・アルコール・合成着色料・パラベンは不使用で安心です。

・1つで5役
・31種類の保湿成分でスキンケアもバッチリ
・6つの無添加で安心

◇見出し:2位:シズカゲル
「シミ・そばかす対策とニキビ対策にぴったり」

シズカゲルとは、シミとニキビ対策に特化したオールインワン化粧品です。

また、化粧水・美容液・乳液・クリーム・パックの機能を持ちます。

シミ対策の有効成分にはアルブチン、ニキビ対策の有効成分にはグリチルリチン酸ジカリウムが採用されています。

さらに、39種の天然由来成分が肌をうるおし、3種のビタミンC誘導体が若々しい肌を維持してくれるのです。

界面活性剤・パラベン・アルコール・合成香料・合成着色料・鉱物油・シリコーンが無添加なのも、嬉しいポイント。

公式サイトからの購入なら、30日返金保証があり継続回数の縛りもないので、試しやすいですよ。

・1つで5役
・W薬用成分配合でシミやニキビをケア
・39種類の保湿美容成分や3種のビタミンC誘導体を配合

◇見出し:3位:わらびはだ
「沖縄産厳選素材で作られた全身に使えるオールインワン化粧品」

わらびはだとは、美容成分のEGF・馬プラセンタ・ヒアルロン酸・ハトムギ種子エキスのほか、沖縄産の厳選素材が入った商品です。

そして、化粧水・美容液・クリーム・化粧下地の機能を持ち、保湿ケアや角質ケアにぴったりの商品です。

顔はもちろん、カサつきが気になるひじやかかとなど、全身に使用できます。

高保湿ですが、軽い質感のジェルタイプなので、朝のスキンケアや夏場のスキンケアにもおすすめです。

ほのかなシークワーサーの香りも、爽やかな気分にしてくれます。

弱酸性で香料・着色料・鉱物油・パラベンは不使用と、肌に優しく作られているのもポイントです。

・1つで4役
・肌に優しく作られている
・季節問わず全身に使える

◇見出し:4位:シミウス
「シミ対策に特化したオールインワン化粧品」

シミウスとは、1つで10役を果たし、シミ対策ができる商品です。

機能は以下の通り
・化粧水
・パック
・化粧下地
・美白(※メラニンの生成を抑え、しみやそばかすを防ぐ)
・保湿
・アイクリーム
・乳液
・マッサージ
・美容液
・クリーム

シミウスには、季節や肌質に合わせ4タイプが存在します。

・ライト
さっぱりとみずみずしい使用感で、ニキビができやすい脂性肌やテカリが気になる混合肌向き。

軽いテクスチャーのため、メイク前や春・夏のスキンケアにおすすめです。

・ノーマル
普通肌向きで、オールシーズン使用できます。

・リッチ
保湿重視のケアを行いたい人や本格的なエイジングケアを始めたい人向きです。

・スーパーリッチ
酷い乾燥肌にぴったり。

高保湿なので、スペシャルケアや秋・冬のケアにおすすめです。

それぞれにジャータイプ・スリムタイプ・ポンプタイプがあり(容量は全て60g)、好みや使いやすさで選べます。

・1つで10役、シミ対策に特化している
・11種の植物保湿成分を配合
・季節や肌質に合わせた4タイプがある

◇見出し:5位:エクラシャルム
「敏感肌やアレルギー肌にも使いやすく、ニキビや肌荒れ予防ができる」

エクラシャルムとは、ニキビや肌荒れ予防に特化した、1つで5役の機能を持つスキンケア商品です。

機能は以下の通り
・化粧水
・乳液
・美容液
・ニキビ予防
・美白ケア(※メラニンの生成を抑え、シミやそばかすを防ぐ)

有効成分には、ニキビや肌荒れを防ぐグリチルリチン酸ジカリウム、ニキビ跡や肌のくすみを改善するトラネキサム酸を採用。

また、7つの保湿成分が肌の内と外から水分をチャージし、30種類の美容成分が美肌作りのサポートをしてくれます。

合成香料・着色料・鉱物油・パラベン・界面活性剤・アルコール不使用で、敏感肌やアレルギー肌でも使いやすいです。

・1つで5役
・グリチルリチン酸時カリウムやトラネキサム酸に加え、保湿&美容成分を豊富に配合
・6つの無添加でデリケートな肌にも優しい

◇見出し:6位:ドクターケシミー
「シミ・そばかす・くすみに悩む人におすすめ」

ドクターケシミーとは、1つで化粧水・乳液・クリーム・アイクリーム・美容液・パック・化粧下地の機能を持つ商品です。

メラニンの生成を防ぐプラセンタと肌を保護するグリチルチリン酸2Kの力で、シミ・そばかす・くすみ改善効果が期待できます。

さらに、厳選された12種の植物エキスが肌そのものが持つ力をサポートし、透明感のある美肌へと近づけてくれるのです。

ドクターケシミーは、外にいる時間が長い日や出紫外線が気になる時期のスキンケアにぴったりのアイテムです。

・1つで7役
・抗シミ臨床試験実施済み
・薬用プラセンタとグリチルチリン酸2Kに加え、12種類の植物エキスで保湿もバッチリ

◇見出し:7位:ビハキュア
「別のアプローチでシミを徹底的に予防してくれる」

ビハキュアとは、ハイドロキノン誘導体(アルブチン)とトラネキサム酸のパワーで、シミの増加を防ぐ商品です。

ハイドロキノン誘導体は黒いメラニンにアプローチし、トラネキサム酸はメラニンそのものを作らせない働きを持ちます。

シミに対して、それぞれ違ったアプローチをするため、より高い効果が期待できるのです。

さらに、保湿・肌の保護・肌のキメを整える作用がある、天然由来エキスも豊富に配合されています。

しっとりした着け心地ですが、テクスチャーの伸びが良くて使いやすいのもポイント。

さらに、アルコール・着色料・香料・パラベン・鉱物油・紫外線吸収剤は不使用なので、肌への負担も抑えられます。

・ハイドロキノン誘導体とトラネキサム酸がシミにアプローチ
・肌に良い複数の天然由来エキスを配合
・6つの無添加&パッチテスト済みで安心

◇見出し:8位:ネオちゅらびはだ
「まつエクOK&お風呂場での使用もOKで使いやすい」

ネオちゅらびはだとは、クレンジング・炭酸パック・洗顔が1つになった商品です。

モズクのような見た目のジェルは、30秒で炭酸泡に変化します。

そんな炭酸泡には、汚れを浮かせるだけでなく、血行促進効果も期待できるのです。

肌にハリを与える、Wボトックストリートメント・ネオダーミル・トリプルヒアルロン酸に加え、肌を保護するアクアタイドを配合。

さらに、沖縄もずくをはじめとする沖縄天然由来成分や、ローヤルゼリーを含む複数の美容成分も、美肌作りをサポートしてくれます。

・クレンジング、炭酸パック、洗顔の機能を持つ
・30秒でジェルから炭酸泡に変化
・W洗顔不要、まつエクOK、お風呂での使用OKで使いやすい

◇見出し:9位:コラリッチ
「6種類のコラーゲンが乾燥を徹底的にケアしてくれるオールインワン化粧品」

コラリッチEXとは、6種類のコラーゲンが肌に弾力・うるおい・ハリ・キメ・しなやかさを与えてくれる、オールインワン化粧品です。

中でも乾燥に効果が期待でき、肌表面の乾燥はもちろん、肌内部の隠れ乾燥もケアが可能です。

コラーゲン以外にも、若々しさを維持する酵母エキス、美肌作りをサポートする厳選美容成分や植物美容オイルが入っています。

コラリッチEXは1つで、化粧水・乳液・美容液・クリーム・美容オイル・マッサージジェルの役割を果たします。

べたつきやニオイが少なく、使いやすいのもコラリッチEXの魅力です。

・1つで6役
・6種類のコラーゲン配合で、乾燥ケアにおすすめ
・香料、着色料、鉱物油、パラベンは無添加&アレルギーテスト済み

◇見出し:10位:ビオテラスCセラム
「原液ビタミン美容液でさまざまな肌悩みを改善」

ビオテラスCセラムとは、美肌作りに欠かせない、ビタミンC・APPS(ビタミンC誘導体)・コエンザイムQ10が入った美容液です。

ビタミン原液をそのままボトルに詰めた高濃度処方で、即効性や浸透力にも期待できます。

ビオテラスCセラムは、乾燥・乾燥による毛穴の開き・シミやそばかすやくすみなど、さまざまな肌悩みにアプローチ。

ビタミンCには、皮脂の過剰分泌や酸化の抑制・皮膚のダメージ修復・コラーゲン産生促進・色素沈着の防止などの作用があるのです。

お得に購入できる定期コースは、いつでも解約可能なので試しやすいですよ。

・原液ビタミン美容液
・1スポイトでさまざまな肌悩みにアプローチ
・定期購入はいつでも解約可能

◇見出し:11位:ビューティーオープナージェル
「卵殻膜のチカラで、赤ちゃんのようなやわ肌に近づける」

ビューティーオープナージェルとは、卵殻膜エキスが配合された、化粧水・美容液・保湿ジェル・乳液・化粧下地・美容の機能を持つ商品です。

卵殻膜には、以下の作用があります。
・若々しく健やかな肌を維持
・ハリ、ツヤ、弾力を与える
・肌なじみがよく浸透力がある
・肌にうるおいを与える
・しっかり潤すことで透明感を出してくれる
・肌のキメを整える

さらに、セラミド・プロテオグリカン・プラセンタエキス・エラスチンなどの美容サポート成分が、肌をケアしてくれるのです。

ジャータイプとチューブタイプがあり、使いやすさで選んでOK。

・1つで6役
・卵殻膜の作用で美肌に近づける
・ジャータイプとチューブタイプから選べる

◇見出し:12位:あきゅらいず
「洗う・整える・うるおすの3ステップで、美しい素肌に近づける」

あきゅらいずのきほんのセレクトとは、泡石(ほうせき)・優(ゆう)すくらぶ・秀(しゅう)くりーむのセット。

3つのアイテムには、日本人の肌質と相性の良い和漢ハーブから抽出した、草根木皮たまりが配合されています。

・泡石(石けん)
肌のうるおいは残し、汚れや余分や皮脂はキレイに落としてくれます。

保湿力にこだわっており、洗い上がりの肌はしっとり。

・優すくらぶ(洗い流すパック)
毎日使えるパックで、洗顔後の濡れた肌に塗り広げ、30秒後に洗い流すだけの簡単ケア。

香りは、ベーシック・ハッカ・ゼラニウムから選べます。

・秀くりーむ(保湿クリーム)
1つで化粧水、乳液、美容液の機能を持ちます。

ベタつかず、サラッとした使用感がポイントです。

・泡石、優すくらぶ、秀くりーむで、肌に優しいシンプルケアが可能
・注目成分は、10種の和漢ハーブエキスの草根木皮(そうこんもくひ)たまり
・保湿重視のケアがしたい人におすすめ

◇見出し:13位:シマボシ レストレーションセラム
「必要な成分を補いつつ、肌の土台を整えることができる美容液」

シマボシ レストレーションセラムとは、ヒト幹細胞エキスを含む美容液です。

ヒト幹細胞エキスの作用で、シミ・シワ・たるみ・毛穴・キメなど、さまざまなケアを行うことができます。

また、5種類のグロースファクターが皮膚幹細胞の働きを高め、肌細胞の活性を促し、理想の美肌へと近づけてくれます。

さらに、抗酸化・抗糖化作用がある、セイヨウオオバコ種子エキスや浸透型ビタミンC誘導体、肌の潤いを保つセラミドなども配合。

香料・着色料・鉱物油・合成防腐・石油系界面活性剤・シリコン・エタノール・パラベンは無添加で、肌が弱い人でも使いやすいです。

・美容成分を補うケアと肌の土台を整えるケアが同時にできる
・ヒト幹細胞エキスなどの美容サポート成分が、美肌へと導いてくれる
・8つの無添加で安心

◇見出し:14位:シミトリー
「美白(※メラニンの生成を抑え、シミやそばかすを防ぐ)と保湿を重視する人にぴったり」

シミトリーとは、美白(※メラニンの生成を抑え、シミやそばかすを防ぐ)ケアと保湿ケアに特化した、オールインワン化粧品です。

機能は、化粧水・美容液・乳液・クリーム・パック・アイクリーム・マッサージ・化粧下地の8つです。

シミやそばかすを防ぐ成分として、ハイドロキノン誘導体・カンゾウフラボノイド・グリチルリチン酸ジカリウムを配合。

保湿成分には、フラバンジェノールをはじめとする、15種の天然由来エキスが入っています。

さらに、美肌サポート成分としてトラネキサム酸とビタミンC誘導体、うるおいアップ成分としてヒアルロン酸も入っているのです。

複数の美容成分が配合されていることで、相乗効果も期待できそうですね。

それから、肌なじみの良いテクスチャーとサラッとした仕上がりも、人気の理由です。

・1つで8役で、美白(※メラニンの生成を抑え、シミやそばかすを防ぐ)ケアと保湿ケアに特化
・7つ(パラベン、アルコール(エタノール)、界面活性剤、香料、着色料、鉱物油、シリコーン)のフリー
・定期継続回数の縛りなし&14日間の返金保証あり

◇見出し:15位:フィトリフト
「高い弾力をもつジェルが、肌にハリとうるおいを与える」

フィトリフトとは、化粧水・美容液・乳液・パック・クリームの機能を持ち、ハリや乾燥をケアできるオールインワン化粧品です。

テクスチャーはかなりの弾力があり、この弾力が肌のハリをサポートしてくれます。

注目は、独自開発されたLPS(パントエア菌LPS)という成分。

LPSの保湿力はヒアルロン酸の6.14倍、弾力はコラーゲンの3.13倍、ハリはプラセンタの約2倍になります。

さらに、強力なエイジングケア効果も期待できるのです。

LPS以外にも、肌にうるおい・ハリ・ツヤ・弾力を与える、肌のキメを整える、エイジングケアなどの作用がある美容成分も複数入っています。

・1つで5役、ハリや乾燥ケアに特化
・エイジングケアにもおすすめ
・LPSをはじめとする美容成分が豊富

◇見出し:16位:カナデル プレミアリフト
「70種類の美容成分でエイジングケアができるオールインワン化粧品」

カナデル プレミアリフトとは、小じわやハリに効果が期待できる、エイジングケアに特化したオールインワン化粧品です。
ジェルクリームには、肌のうるおいを保持するコラーゲンをサポートする、ハリペプチドが1gに24,116兆個も入っています。

また、肌のうるおいやハリをキープする、ビタミンC誘導体のセラミドVCに加え、肌を整える60種類以上の美容成分も配合。

ジェルは、肌の上に置くと滑らかなクリームに変化します。

カナデル プレミアリフトを使ってマッサージを行えば、ハリ効果がさらに高まりますよ。

合成香料・合成着色料・パラベン・鉱物油・アルコールは不使用で、肌への刺激も少ないです。

・1つで5役、エイジングケアに特化
・高濃度ハリペプチドやセラミドVCを含む、計70種類の美容成分を配合
・ジェルからクリームに変化し、マッサージにもぴったり

◇見出し:17位:アスハダ(ASUHADA)
「繰り返しできるニキビに悩む人におすすめのオールインワン化粧品」

アスハダ(ASUHADA)とは、化粧水・乳液・美容液・クリーム・化粧下地の機能を持ち、ニキビケアができる商品です。

肌の炎症を抑える作用があるグリチルリチン酸2Kの働きで、ニキビ予防やニキビ跡のケアができます。

ニキビだけでなく、あせも・しもやけ・ひび・あかぎれにも効果が期待できる、使い勝手のいいアイテムです。

さらに、シミやそばかすを防ぐ水溶性プラセンタエキス、保湿成分や整肌成分も豊富で、憧れの美肌へと近づけますよ。

合成着色料・鉱物油・着色料・アルコール・パラベンは無添加なので、肌が弱い人でも使いやすいです。

・1つで5役、ニキビケアに特化
・ニキビや美白(※メラニンの生成を抑え、しみやそばかすを防ぐ)に有効な成分のほか、保湿や整肌作用がある美容成分も豊富
・あせも、しもやけ、ひび、あかぎれなど、マルチに使える

◇見出し:18位:エポオールインワン
「高品質のウマプラセンタとサイタイエキスで高保湿」

エポオールインワンとは、ウマプラセンタ&サイタイエキスで、保湿ケアとエイジングケアが同時にできるアイテムです。

機能は、化粧水・乳液・美容液・クリーム・パック・化粧下地・マッサージクリーム・ボディクリームの8つ。

保湿ケア成分には、加水分解プラセンタ&サイタイエキスに加え、8種のコラーゲンを配合しています。

肌の潤いを逃さない濃厚クリームなので、酷い乾燥肌や冬場のスキンケアにもおすすめです。

弾力ケア成分には、エポラ独自のカプセルであるRDコンプレックスを採用。

エポオールインワンで、手軽に本格的なエイジングケアができます。

・1つ8役、高品質のプラセンタ・サイタイエキスを使用
・保湿力に優れた濃厚クリーム
・顔だけでなく全身にも使える

◇見出し:19位:葡萄樹液ジェル
「葡萄樹液が肌にハリを与えてくれる、オールインワン化粧品」

葡萄樹液ジェルとは、美容成分が豊富な葡萄樹液で作られた、オールインワン美容液です。

コラーゲン生成サポート作用がある葡萄樹液は、肌にハリを与えてくれます。

さらに、水溶性コラーゲン・アルブチン・ヒアルロン酸Naを含む、計17種類の美容成分も入っているのです。

そんな葡萄樹液ジェルは、1つで化粧水・乳液・美容液の機能を果たします。

そして、美白(※メラニンの生成を抑え、シミやそばかすを防ぐ)ケアや保湿ケアにもおすすめです。

容器はポンプ式で、使いやすく衛生的なのも人気の理由。

・化粧水、乳液、美容液の機能を持つ
・美容成分が豊富に含まれる葡萄樹液を配合
・容器がポンプ式で使いやすい

◇見出し:20位:しろさえ(Shirosae)
「スキンケア成分95%以上のオールインワン化粧品」

しろさえ(Shirosae)とは、美白(※メラニンの生成を抑え、シミやそばかすを防ぐこと)・ハリ・保湿ケアができる商品です。

また、95%以上がスキンケア成分で作られており、化粧水・美容液・乳液・クリーム・マッサージクリーム・化粧下地の機能を持ちます。

シミやそばかす予防には、グリチルリチン酸ジカリウムと美白プラセンタをはじめ、ハリ集中プラセンタを配合。

さらに、肌の潤いをキープする酵母エキスや50種類のスキンケア成分で、ハリ・保湿ケアもバッチリです。

香料・アルコール(エタノール)・着色料・パラベン不使用、アレルギーテスト&パッチテスト実施済みで、肌に優しいのもポイント。

・1つで6役
・シミ、ソバカス、くすみケアに加え、肌にハリやうるおいを与える
・スキンケア成分が95%以上

◇見出し:おすすめはランキング1位の「DUO ザ クレンジングバーム」
さまざまなオールインワン化粧品をご紹介しましたが、おすすめはランキング1位の「DUO ザ クレンジングバーム」です。

DUO ザ クレンジングバームの特徴を改めて確認してみましょう。

・1つで、クレンジング・洗顔・角質ケア・マッサージケア・トリートメントの5つの機能を持つ
・31種類の保湿成分を配合
・テクスチャーはバーム状で、手のひらで伸ばすときとクリームに変化
・高い洗浄力がありつつ肌を高保湿し、洗い上がりはしっとり
・石油系合成界面活性剤、鉱物油、合成香料、アルコール、合成着色料、パラベン無添加
・W洗顔不要でまつエクOKなので使いやすい
・やさしいローズの香りでリラックスできる

公式サイトの定期購入なら、初回がお得にゲットできるのでぜひ試してみてくださいね。

 

◆大見出し:オールインワン化粧品の魅力
オールインワン化粧品にはさまざまな魅力があります。

まず、スキンケアが簡単になる点です。

同時に、肌に触れる回数やスキンケア用品を塗り重ねるときの摩擦が減り、肌への負担が抑えられるのもポイント。

それから、スキンケア用品一式の場合は置き場所に困ることもありますが、オールインワン化粧品1つなら場所を取りません。

さらに、旅行先や出張先にも持って行きやすいですし、荷物を減らすことも可能です。

解説「オールインワン化粧品の魅力はまだまだあります♪」

◇見出し:スキンケアの時短ができる
オールインワン化粧品なら、複数のスキンケア用品を塗り重ねる手間が省けるため、スキンケアの時短が可能です。

基本的には朝晩の洗顔後に1度塗ればOKなので、早ければ数十秒でスキンケアが終わります。

「しっかりケアしたいけど、あまり手間をかけたくない」「忙しすぎて、じっくりスキンケアを行う時間がない…」

そんな人に、オールインワン化粧品はうってつけのアイテムなのです。

◇見出し:お財布に優しい
多機能なオールインワン化粧品なら1つ購入すればいいので、お財布に優しいです。

化粧水・乳液・美容液・クリームなど、基礎化粧品を一式揃えると、それなりに費用がかかります。

その点、オールインワン化粧品はプチプラも多いので、スキンケアにかかる費用を節約できるのです。

手頃な価格で購入できるからこそ、気軽に試しやすいのもポイントですね。

◇見出し:お肌の悩みにも対応
オールインワン化粧品は、お肌の悩みにもしっかり対応してくれます。

配合成分によって得られる効果は異なりますが、乾燥・シミやくすみ・毛穴・肌荒れなど、各悩みに特化した商品も多いです。

手間のかからないスキンケアで、お肌のトラブルも改善してくれるのは大きなメリットですね。

 

◆大見出し:オールインワンのケア商品の種類
オールインワンのケア商品には、さまざまなタイプが存在します。

ここから、以下の4種類について解説。

・オールインワン化粧水
・オールインワンジェル
・オールインワンゲル
・オールインワンシートマスク

気になるものがあれば、ぜひ試してみてくださいね。

解説「毎日行うスキンケアでは、ストレスなく使えるアイテムを選ぶことが重要です」

◇見出し:オールインワン化粧水
オールインワン化粧水は軽い質感が特徴です。

ベタつかずサッパリとした使用感の商品が多いので、夏場のスキンケアにもぴったりです。

「いきなりジェルやクリームを塗るのは抵抗がある」「スキンケア後すぐに化粧をしたい」という人にもおすすめ。

オールインワン化粧水なら、肌に水分を与えるだけでなく、保湿力もしっかりキープしてくれますよ。

◇見出し:オールインワンジェル
オールインワン化粧品と聞いて、オールインワンジェルを真っ先に思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。

ちなみに、ジェルはゼリーのこと。

その見た目や質感からも分かりますが、オールインワンジェルは水分量が多いです。

そして、高い保湿効果が期待できます。

油分の多いクリームと比べると、ジェルはさっぱりとした使い心地です。

◇見出し:オールインワンゲル
続いては、オールインワンゲルです。

「ジェルとゲルって、同じでしょ?」と思った人もいるかもしれませんが、実は別物。

ゲルはジェルに比べ水分量が少なく、粘度や弾力があります。

そんなオールインワンゲルは、どちらかと言えばクリーム寄りです。

ただし、メーカーによっては、ジェルとゲルを似たものとして取り扱っているケースもあります。

◇見出し:オールインワンシートマスク
オールインワンのケア商品には、シートマスクもあります。

使い方は、洗顔後や入浴後にシートマスクを顔に貼り数分放置すればOK。

普通のシートマスクに比べ、オールインワンシートマスクは美容成分をより多く含んでおり、保湿力も高いです。

また、シートマスクなら両手が空くので、他のことをしながらスキンケアができます。

 

◆大見出し:タイプ別:肌の種類で選ぶ
オールインワン化粧品は、自分の肌に合ったものを選ぶことが何よりも大切。

肌タイプは大きく分けて、乾燥肌・脂性肌・混合肌・敏感肌の4種類です。

ここからは、それぞれの肌タイプと相性の良い、オールインワン化粧品の特徴をご紹介します。

解説「肌に合わないものを使うと、しっかりケアしても肌トラブルが起こる恐れがあるので注意!」

◇見出し:乾燥肌の人は、油分が多く含まれるクリームタイプがおすすめ
乾燥肌は水分と油分が不足している状態です。

したがって、油分が多く含まれるクリームタイプのオールインワン化粧品がおすすめです。

また、乾燥肌は水分を補うだけでなく、水分の蒸発を防ぐことも大切。

油分を多く含むクリームは、肌の表面を覆い肌内部の水分を閉じ込めて、肌を乾燥から守ってくれるのです。

◇見出し:脂性肌の人は、水溶性成分のベタつかないジェルタイプがおすすめ
脂性肌は皮脂量が多く分泌され、肌のベタつきやテカリが気になる状態です。

皮脂の過剰分泌は、乾燥が原因の場合もあります。

よって脂性肌には、しっかり水分を補える水溶性成分のジェルタイプがおすすめです。

ベタつかないジェルタイプなら、脂性肌でも使いやすいですよ。

中には、オイルフリーや皮脂を抑える作用のあるオールインワン化粧品もあります。

◇見出し:混合肌の人は、部分別でタイプを使い分けするのがおすすめ
混合肌は、皮脂が多い部分と乾燥している部分が混ざっている状態。

たとえば、おでこや鼻はベタつくのに、目の周りや頬はカサカサしている場合は、混合肌の可能性が高いです。

混合肌の人は、部分ごとにオールインワン化粧品を使い分けするのがおすすめ。

テカリが気になる部分にはジェルタイプでケアし、乾燥した部分にはクリームタイプでケアしましょう。

1つで済ませたい場合は、保湿重視のものを使用し、皮脂が多い部分は薄めに塗るのがコツです。

◇見出し:敏感肌の人は、肌への刺激が少なく保湿できるものがおすすめ
敏感肌は肌のバリア機能が低下し、些細な刺激でも肌が荒れやすくなっている状態です。

そんなデリケート肌には、刺激が少なく保湿できるオールインワン化粧品がおすすめ。

たとえば、アルコールや香料といった、肌への刺激となりやすいものが入った商品は避けるのが無難です。

ただし、肌に合わない成分は人によって違うため、使用前にパッチテストを行うといいでしょう。

低刺激・敏感肌用で保湿重視のオールインワン化粧品はたくさんあるので、自分の肌に合いそうなものを探してみてくださいね。

すでに肌荒れを起こしている状態なら、医薬部外品や薬用オールインワン化粧品もおすすめですよ。

 

◆大見出し:タイプ別:使用感やテクスチャーで選ぶ|ジェル・ゲル・クリーム・ミルク・美容液
スキンケアアイテム選びにおいて、使い心地や肌ざわりを重視する人も多いでしょう。

そこで、ジェルとゲルタイプ・クリームとミルクタイプ・美容液タイプの使用感やテクスチャーについて解説します。

解説「朝用と夜用、季節や肌の調子に合わせてアイテムを使い分けたい人は、ぜひ参考にしてみてください♪」

◇見出し:ジェルタイプ・ゲルタイプ
ジェルタイプやゲルタイプは、使い心地がサッパリしており、軽めのテクスチャ―のものが多いです。

水分の多いジェルタイプやゲルタイプは、テクスチャーが緩いぶん伸びが良く、肌への負担(摩擦)が抑えられるのも魅力。

また、使用後のベタつきが少ないため、化粧がしやすく夏場のスキンケアにも向いています。

ジェルタイプやゲルタイプは、ベタつきや重さのあるアイテムが苦手な人向きですね。

よりサッパリしていて、高い浸透力を実感したいなら、油分の少ないジェルタイプがおすすめ。

ジェルタイプだと物足りなら、油分や保湿力がプラスされたゲルタイプがおすすめです。

◇見出し:クリームタイプ・ミルクタイプ
クリームタイプやミルクタイプは、使い心地がしっとり・もっちりしており、少し重めのテクスチャーが多いです。

ほかのタイプに比べ、油分が多いのがクリームタイプやミルクタイプの特徴。

そのため、少しベタつくアイテムもありますが、保湿力が高く乾燥肌や冬場のスキンケアに最適です。

クリームは特に油分が多めですが、こってりした質感のものだけでなく、ややサッパリしたジェルクリームタイプもあります。

ミルクタイプは、クリームよりも水分が多く肌なじみも良いです。

◇見出し:美容液タイプ
美容液タイプの使用感やテクスチャーは、商品によってまちまち。

ただ、美容成分が豊富に含まれているため、しっとりとした使用感で、とろりとしたテクスチャーが多い傾向にあります。

そんな美容液タイプは、エイジングケアの効果が期待できるため、美肌を目指したい・維持したい人にぴったりです。

また、夜のケアやスペシャルケアに使うのもおすすめですよ。

 

◆大見出し:配合成分
続いては配合成分についてです。

ここでは、オールインワン化粧品によく配合されている成分の特長を解説します。

解説「以下の成分が入っていない=悪い商品というわけではないので、その点は注意してくださいね」

◇見出し:セラミド
セラミドは、皮膚(角質層)にも含まれており、健やかな肌を保つのに欠かせない成分です。

化粧品に配合されるセラミドには、大きく分けて以下の4種類があります。

・天然セラミド(ビオセラミド、セレブロシドなど)
人の皮膚に含まれるセラミドと似た構造をしており、水と油の両方に馴染むため、肌との相性が一番良いです。

・植物性セラミド(米ヌカスフィンゴ糖脂質、ユズ果実エキスなど)
植物から抽出したセラミドで、ビタミンが豊富に含まれています。

・バイオセラミド(セラミド2、セラミド3など)
酵母などを利用して作られたセラミドで、ヒト型セラミドや天然型セラミドと呼ばれることも。

・合成類似セラミド(ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミドなど)
疑似セラミドとも呼ばれ、セラミドに似た物質を化学的に合成したセラミドです。

セラミドには、肌の潤いを保つ・外的刺激(摩擦など)から肌を守る・ターンオーバーを促進するなどの働きがあります。

高い保湿効果が期待できるセラミドは、乾燥肌や敏感肌の強い味方です。

◇見出し:ビタミンC誘導体
ビタミンC誘導体は、ビタミンCを安定化させた成分です。

化粧品に配合されるビタミンC誘導体には、以下のものがあります。

・リン酸アスコルビルナトリウム
水溶性のビタミンC誘導体で、価格が安く安定性があるため化粧品に採用されやすいです。

・テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VCIP)
油溶性ビタミンC誘導体で、クリームタイプに使われることが多いです。

浸透力が高く、メラニンの生成を防いだりコラーゲンの合成を促進する作用があります。

・3-O-エチルアスコルビン酸
即効性・浸透性・持続性に優れ、美白ケア(※メラニンの生成を抑え、シミやそばかすを防ぐ)商品に使われやすいです。

・パルミチン酸アスコルビルリン酸3ナトリウム(APPS(アプレシエ))
水溶性と油溶性の両方の性質を持ち、高い浸透力が特徴です。

ビタミンC誘導体は、ニキビ対策や色素沈着(シミやそばかす)予防のサポートに加え、毛穴や年齢肌にもアプローチしてくれます。

◇見出し:コラーゲンやナイアシン
コラーゲンやナイアシンが入ったオールインワン化粧品も多くあります。

タンパク質の1種であるコラーゲンは、皮膚をはじめ人体を構成する上で欠かせない成分のひとつです。

皮膚に含まれるコラーゲンには、肌のハリや弾力を維持する働きがあります。

肌に存在するコラーゲンと化粧品に配合されたコラーゲンは別物なので、化粧品の使用で肌のコラーゲンが増えることはありません。

しかし、化粧品に配合されたコラーゲンは、肌を保湿しコンディションを整える働きをしてくれます。

一方ナイアシンとは、ナイアシンアミド(ニコチンアミド)とナイアシン(ニコチン酸)の総称です。

特にナイアシンアミドは、ビタミンB3と呼ばれる水溶性ビタミンで、美肌成分として注目されています。

ナイアシンアミド(ビタミンB3)は、ニキビや肌荒れ改善・シワの改善・肌のバリア機能向上の効果が期待できるのです。

 

◆大見出し:オールインワン化粧品の注意点
使い勝手の良いオールインワン化粧品ですが、使用するときはいくつか注意点があります。

オールインワン化粧品を初めて使う人は特に、ここでしっかり確認しておきましょう。

解説「注意点を押さえて、オールインワン化粧品より効果的な使い方をマスターしましょう♪」

◇見出し:馴染むのを待って
メイク前のスキンケアでは、オールインワン化粧品が肌に馴染むのを待ってから、メイクに移りましょう。

馴染む前にメイクをしてしまうと、化粧崩れの原因になるので要注意です。

ジェルやクリームを塗った後、肌を指で触ってみて、ピタッと吸い付くような感覚があればしっかり馴染んだサイン。

対して、触れたときにヌルッとする場合は、まだ肌に馴染んでいないので待ちましょう。

オールインワン化粧品を塗ってから5分も置けば、馴染むはずです。

◇見出し:パウダーがベター
オールインワン化粧品を塗った後の肌は、水分でひたひたの状態です。

そんな肌の上から液状のリキッドファンデーションを使えば、メイクよれの原因に。

したがって、オールインワン化粧品を塗った後は、パウダーファンデーションを使うのがベターです。

パウダーなら保湿された肌にしっかり密着し、綺麗に仕上がります。

シミやシワが気になる部分は、コンシーラーで隠すといいですよ。

◇見出し:保湿力が足りないときは
保湿力が足りないときは、以下の方法を試してみてください。

・ゲルやジェルタイプを使用しているなら、クリームやミルクタイプに変える
・オールインワン化粧品を塗る前に、化粧水で保湿する
・オールインワン化粧品を塗った上から、保湿クリームを塗る
・オールインワン化粧品に保湿クリームやオイルを混ぜて使用する

ただし、商品(配合成分)同士の相性もあります。

よって、併用するスキンケア用品は、できるだけシンプルな成分で作られているものを選ぶのがおすすめです。

◇見出し:肌に合わないときは
肌に合わないと感じたときは、すぐに使用をやめましょう。

そのまま使い続けていると、肌荒れなどのトラブルを引き起こす恐れがあります。

初めて使用するときはいきなり顔に塗らず、まずは腕などに塗ってパッチテストを行うと安心です。

また、普段は何ともなくても、肌の調子によって違和感や刺激を感じることもあります。

その場合は、オールインワン化粧品の使用を一時的に控え、お肌の調子が回復してから使用しましょう。

使用後に酷い肌荒れが起こってしまったときは、皮膚科で診てもらってくださいね。

 

◆大見出し:オールインワン化粧品の使い方・塗り方
ここからは、オールインワン化粧品の使い方・塗り方をご紹介します。

基本的な使い方と活用法をまとめたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

解説「大容量のオールインワン化粧品を購入して、いろいろな使い方を試してみるのもいいかも♪」

◇見出し:オールインワン化粧品の基本の使い方
オールインワン化粧品の基本の使い方です。

まず、洗顔で肌表面の汚れや余計な油分を落とします。

その後、オールインワン化粧品を適量塗ればOKです。

使用量は商品によって異なるので、説明書に従ってください。

オールインワン化粧品を塗るときのポイントは以下の通りです。

・メイク前は少なめ、夜は多めに塗る
・少量取って顔全体に少しずつ塗り広げる
・乾燥しやすい部分は重ね塗り
・顔全体に塗り広げた後は、ハンドプレスで優しく馴染ませる
・肌をゴシゴシ擦らない

◇見出し:オールインワン化粧品でパック!
オールインワン化粧品はパックとしても使用できます。

やり方は以下の通りです。

1、洗顔でメイクなどを落とす
2、オールインワン化粧品を顔全体にたっぷり塗る、量は普段の2~3倍
3、5~10分置く
4、洗い流す
5、いつも通りスキンケアをする(ここで再度オールインワン化粧品を使用してもOK)

オールインワン化粧品のパックは、特に入浴中や入浴後に行うのがおすすめです。

入浴中は体が温まり血行が良くなるため、浸透力が高まります。

冷蔵庫で冷やしたジェルやゲルタイプを入浴後にパックすれば、日焼け肌の鎮静や毛穴を引き締め効果も期待できますよ。

◇見出し:オールインワン化粧品でマッサージ!
化粧水や乳液を塗ったついでに、顔をマッサージする人も多いのでは?

オールインワン化粧品も同じように活用することができます。

マッサージクリーム代わりにするなら、摩擦を避けるため、滑りやすいテクスチャーのものを選ぶのがおすすめです。

また、オールインワン化粧品の量が少ないと、すぐに乾いたり滑りが悪くなるため、たっぷり使うのがポイント。

 

◆大見出し:まとめ
オールインワン化粧品の特徴や人気ランキングなどを紹介しましたが、いかがでしたか?

自分の肌質や肌悩みと相性の良い商品が見つかれば、マストアイテムになるでしょう。

オールインワン化粧品の使用が不安なときは、ドラックストアでもらえるサンプルを利用するのもおすすめです。

簡単にスキンケアが完了する、時短や節約ができる、肌悩みも解決してくれる、そんなオールインワン化粧品をぜひ試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました